Google検索にインスタグラム、TikTok動画が表示されるのか!?

Googleが新たに検索機能でテスト開始

GoogleがInstagramやTikTokの短編動画を集約する検索機能を試験的に導入していることがわかりました。これはモバイル向けの専用カルーセルでInstagramやTikTokの動画を表示する機能のようです。

以前よりGoogleはYouTubeやTwitterなどの動画を集約し表示する事を行っておりましたが、このテストからInstagramやTikTokの短編動画に関しても同様にGoogleの検索結果に表示される事が実現しそうです。

Googleは正式な発表を行っておりませんが、同社の広報担当はTech Crunchに対し、この機能がテスト的に試験導入されている事を認めているようです。

この事から、Google検索経由でInstagramの新規流入数を増やす事ができる可能性が現実的になってきたと言えるでしょう。今まではハッシュタグ経由や発見経由からInstagramのブランドアカウントとの新規接触というのがスタンダードでしたが、新機能が実現すればGoogle検索経由で新規ユーザーとの接触が可能になるという事です。

気になる点としては、短編動画という事で動画時間数や、対象収集物(フィード投稿、Reels、IGTV)はどこまでなのかという事が気になる点です。

どちらにしろ、コンテンツマーケティングの観点で今のうちからInstagramから短編動画の投稿を増やしていくことをおすすめいたします。

インスタグラム運用のご相談はこちら

Googleは、モバイルデバイス向けのGoogleアプリの専用カルーセルでInstagramとTikTokの動画を表示する新機能をテストしています。これにより、ソーシャルビデオエンターテインメントを探しているユーザーがGoogleのプラットフォームから完全に離れることを防ぐことができます。この機能自体は、今年初めに開始されたテストを拡張したものです。このテストでは、GoogleがGoogle Discover内に「ショートビデオ」のカルーセルを最初に導入し  ました。これは、Googleモバイルアプリと一部のAndroidデバイスのホーム画面の左側にあるパーソナライズされたフィードです。

明確にするために、この「ショートビデオ」カルーセルは、2020年10月にiOSおよびAndroid用のGoogle検索アプリに展開されたGoogleのストーリーとは異なります。これらの「ストーリー」(以前は「AMPストーリー」と呼ばれていました)は、フォーブス、USAトゥデイ、バイス、ナウディス、バッスル、スリリストなどのGoogleのオンラインパブリッシングパートナーによって作成された短い形式のビデオコンテンツで構成されています。

一方、「Short Videos」カルーセルは、Google独自のショートフォームビデオプロジェクトTangi、インドのTikTokライバルTrell、Google独自のビデオプラットフォームであるYouTubeなど、他のプラットフォームからのソーシャルビデオの集約に重点を置いていました。 最近の短い形式のコンテンツ。

このカルーセルにInstagramとTikTokのコンテンツを含めるための拡張は、検索エンジンラウンドテーブルによって最初に報告されました(Brian Freieslebenのツイートを介して)。Googleアプリで「パッカー」を検索し、ページを下にスクロールすることで、この機能にアクセスできました。

TechCrunch記事、Google翻訳より転載

グリーンベイパッカーズのGoogleナレッジベースボックスをスクロールすると、ショートビデオカルーセルが表示され、その後にスコア、トップストーリー、Twitterの結果、トップ結果、画像、動画、その他のコンテンツ(プレーヤーのリストなど)が表示されます。 、順位表など。

InstagramとTikTokの両方のビデオがShortVideos行で利用可能でした。クリックすると、デバイスにインストールされている場合でも、ネイティブモバイルアプリではなく、Webバージョンのソーシャルプラットフォームが表示されます。最終結果は、ビデオを見た後に検索結果に戻るために必要なのは戻る矢印をタップするだけなので、GoogleユーザーはGoogleに留まる可能性が高くなります。

Googleは何年にもわたってビデオコンテンツのインデックスを作成しており、2015年にTwitterと提携して検索結果のインデックスを作成しています。ただし、Facebook / InstagramまたはTikTokとどの程度正式な関係があるのか​​は明らかではありません。(これらの企業がコメントした場合は、更新します。)

Googleはその計画について正式にコメントしたり詳細を述べたりすることを拒否したが、同社の広報担当者はTechCrunchにこの機能が現在モバイルデバイスで試験運用されていることを確認した。彼らは、それが限定された初期段階の機能であることを意味することを明らかにしました。つまり、まだすべての検索クエリでビデオカルーセルが見つかるわけではありません。しかし、時間の経過とともに、Googleが製品を拡張するにつれて、ソーシャルメディアからトップのビデオコンテンツをインデックスに登録して表示するための興味深いツールになる可能性があります。もちろん、プラットフォームがGoogleによるブロックを選択しない限りです。

この機能は現在、モバイルデバイス用のGoogleアプリとモバイルウェブで限定的に利用できると同社は語った。

TechCrunch記事、Google翻訳より転載