Twitterインスタントウィン|Twitter広告予算配分の仕方

Twitterインスタントウィン実施の際に適切なTwitter広告費用は?

弊社で支援させて頂いた実例を基に、結論から最適ご予算をお伝えします。Twitterインスタントウィンを実施する際に最適なTwitter広告費用は100万円〜200万円です。もちろん目的によってはこれ以上のご予算を要する場合がありますが、拡散効果やフォロワー数増加目的で考えると1番パフォーマンスを出しやすいのがこの予算となります。

少なすぎても効果は薄くなりますし、広告予算を大きくかけてもターゲティングを細かく設定している場合はフリークエンシーが高くなってしまうので徐々にパフォーマンスが落ちる傾向にあります。

※Twitterインスタントウィンとは?
Twitterにてユーザーが対象ツイートをリツイートするだけでキャンペーンの参加が完了し、ほぼリアルタイムで当落結果がオートリプライで届くようなキャンペーンを指します。

Twitter広告の予算配分はどうすればよいのか?

Twitterインスタントウィンは多くの場合、短期間で実施される企業が多いです。おおよそ5日〜7日ほどです。もちろん、10日以上〜1ヶ月近く実施される場合もありますが、短期間の方が運用工数や費用対効果を考えると効果的ではないかと感じます。

その際に、Twitterインスタントウィンの特性を考えてみてください。ユーザーはリツイートでキャンペーンに参加できるので、多くの場合は当たりが出るまでは毎日リツイートしてもらう事になります。「リツイート」=「拡散」となるのでキャンペーン開始後の早い段階からユーザーに参加してもらう方が、必然的に拡散効果が高くなります。

よって、Twitter広告予算の配分としてはキャンペーン開始の1日〜2日目あたりに大きく集中して投下されるのが1番ベストです。実際に弊社でTwitterインスタントウィンの支援でTwitterインスタントウィンツールのご提供からTwitter広告運用まで支援させて頂いた実数値からわかった事は、まさにキャンペーン開始前半にTwitter広告予算の7割〜8割くらいを投下するのが望ましいという事です。

下記表はTwitter広告を7日間運用した際のパフォーマンスになりますがCTRはキャンペーン開始後に減少していく傾向があります。これはフリークエンシーが高まる事が大きな要因です。またフォロー率もやはり減少していく事から前半にTwitter広告予算は寄せた方が効果的です。

上記のキャンペーンではTwitter広告から約14,000人ほど獲得し、Twitterインスタントウィンの拡散効果から約8,000人フォロワーが増加しました。結果的にはCPFが全体的に大幅に下げて新規フォロワーを獲得し、RT効果によるリーチ規模は約1,400万リーチと拡散効果を得ることができました。

Twitterインスタントウィンの事は何でもご相談ください。

Twitterインスタントウィンのご相談はこちらから