インスタグラム運用で外せないハッシュタグ分析のポイント

Instagramのハッシュタグとは

ハッシュタグはSNSを中心に広く使われるもので、Instagramだけでなく、Twitterなどでも利用されています。主な目的は投稿内容のテーマや主張したい、伝えたいカテゴリーのような意味合いで捉えて頂くとわかりやすいと思います。

ユーザーの投稿にハッシュタグが含まれていると、その人の興味関心などイメージする事ができるので、共通言語のようなものを見つける事もできますし、新たな情報の発見にも繋がる機会になります。

ハッシュタグは何個つけて投稿するのが効果的なのか

Instagramのハッシュタグは最大30個まで設置して投稿する事ができます。当社は様々な内容でインスタグラム運用支援を行ってきており、何パターンも結果を検証してきました。ハッシュタグからの流入数を目的とするのであれば、Instagramの投稿は30個フルでつけて投稿した方が流入数は多かったです。

ただし、無理矢理に30個ハッシュタグを付けようとし、全く関係のないものを入れてしまうと、関連性が下がるので人気投稿へ表示される可能性の低下や、Instagramユーザーにとってわかりづらいものとなってしまうので、必ず投稿テーマに合ったハッシュタグを選びましょう。

ハッシュタグ効果の分析方法

Instagram運用はリーチやインプレッションなどの定量的数値をどれだけ向上していく事ができるかが効果指標の1つとなります。そこで日々の投稿ごとに様々な観点で分析を行う必要があり、その中でもどのハッシュタグをつけるとその数値が上がってくるのかしっかりと集計していく必要があります。

Instagram運用で1番問題なのは、どのハッシュタグが何回検索されたのか、どのハッシュタグを検索して自社ブランドのInstagramアカウントにたどり着いたのかを調べる術がない事です。

そこで、弊社では投稿テーマ事にInstagram投稿時に使用するハッシュタグを投稿ハッシュタグ郡を作ります。ハッシュタグ郡A/ハッシュタグ郡B/ハッシュタグ郡Cなどのような具合で作成していき、投稿ごとにハッシュタグの入れ替えを行い、ABテストを繰り返していきます。その投稿ごとにInstagramアプリのインサイト情報の発見から、”ハッシュタグ”の数値を集計していき、流入への効果の高いハッシュタグを推測していき、日々のInstagram運用の中でABテストを繰り返して実証していく方法をとっています。

Instagramのフォロワーが少ない段階では、どれだけハッシュタグの流入数を増やす事ができるかも大きなポイントなります。下の図ではリーチの約30%近くがハッシュタグから流入してきている事がわかります。

最後に

投稿テーマに応じた効果的なハッシュタグを見つけて、Instagramからのハッシュタグ流入数を最大化する事もInstagram運用で成功する大きなポイントになると思いますので、是非自社に最適なハッシュタグを導き出してください。

いち早くハッシュタグの改善にお取り組みになられたい企業様は
ストラテジックマーケティングのInstagram運用代行にご相談ください。